2018.02.15 ,

もはや新ジャンル!?バスケットボールを使った劇的なトリックショット

google
はてなブログ
LINE

今回ご紹介する動画は、バスケットボールを使ったさまざまなトリックショットです。NBAなどの試合ではさまざまなゴールの瞬間を見ることができますが、NBA顔負けのゴールを見せてくれる動画がたくさんあるんです。後ろ向きで投げてゴールする動画、体操のような動きをしながらゴールする動画、大道芸のようなパフォーマンスをしながらゴールする動画など、バスケットボールのゴールだけであらゆる種類の動画があります。もはや新ジャンルとして、バスケットボールを使ったパフォーマンスという分野ができるのではないでしょうか。今回はこの中でも特にびっくりな驚きの動画をピックアップしてみました。

建物の下から建物の上に投げたボールが、再び建物の下に戻ってきてはねて、バスケットゴールに入ります。

【はねたボールがバスケットゴールに】 -1:53~

どうしてボールがこのような動きをするのか、動画を何度見ても不思議な気分になります。ビリヤードでプロが球を自由自在に打っていくことがありますが、このバスケットボールの動きはビリヤードの球の動きを思い出させます。ボールの落ちる場所や角度が少しでも違うと、バスケットゴールからは外れてしまうのではないでしょうか。

4つのボールとバスケットボールの計5つのボールをお手玉しながら、バスケットボールを背後のゴールに入れます。

【お手玉をしながらゴール】 -1:53~

お手玉をするだけでも難しくハラハラなのですが、自分の背後にあるゴールにボールの中のバスケットボールだけを選んでゴールさせるのは、神技といえるのではないでしょうか。ボールをゴールに入れたあとに、4つのボールでお手玉が続いていく様子にもびっくりさせられます。

 

こちらはなんと火のついたボールを使ってドリブルし、ゴールをする様子です

【燃えるボールでゴール】 -0.18~

実際に炎があがるボールを使ってドリブルする様子に圧倒されてしまいます。ボールが燃えているにもかかわらず、見事にボールをゴールに入れます。燃えているボールを使うことを思いついて実行することにもびっくりですが、見事に成功していてさらに驚かされます。

 

こちらは実際のバスケットボールでの試合で、劇的なゴールの瞬間をとらえた動画です。

【実際の試合での劇的なゴール】 0:28~

ガードしているプレイヤーをすり抜けたボールが、ゴールの下に待機しているプレイヤーの手に渡ります。プレイヤーはゴールに背を向けたまま、後ろ向きで軽くボールを投げ、見事にボールがゴールに入ります。しかもゴールと試合終了が同時のブザービーターとなっていて、観客の大歓声の様子が伝わってきます。実際の試合では緊張感もありますし、他にもたくさんのプレイヤーがいますよね。その中でボールを渡されたときの一瞬の判断力で、背後にあるゴールにむけてボールを投げるのはすごいですね。解説する人が、「信じられない!」と言っている言葉にもうなずくことができます。「技あり!」と言いたくなってしまいますね!

 

関連記事

2017 copylight GH INC.