2017.12.05 ,

子供から大人まで笑わせる宴会芸の天才

google
はてなブログ
LINE

アハハハ笑。あ、すいません。宴会芸を見ていたら面白くて笑っていました。ただの宴会芸ではありません。宴会芸といえば、その名のとおり飲み会の席やパーティーで行われるコントや小ネタですよね。ですが、それをストリートで行う人がいます。日本人のサンキュー手塚です。彼は大道芸でおなじみのパントマイムを使いながら、様々なネタを披露してくれます。彼のネタはオリジナリティに溢れており、1つ1つが作りこまれています。

【もしロボットが配達したら・・・】3:30~

彼のパフォーマンスはモノマネから始まりました。日本の某芸人さんのネタのようです。使っている小物がよく作られています。ロボットのコントではナレーションを使って面白く見せています。ロボットのパントマイムのパフォーマンスが素晴らしいです。まるでロボットに見えるからこそ、ネタがより面白く感じるのでしょう。たとえ雨が降っていて、小物が使えなくてもお客さんを楽しませることができる、その場の環境に瞬時に対応できるところが彼のレベルの高さを物語っています。

【世界から賞賛される声】0:20~

彼のストリート宴会芸は日本だけにとどまらず、世界各地でパフォーマンスを行っています。そして海外のお客さんも彼の宴会芸を「最高!気に入った!」と絶賛しているのです。笑いは国境を越えることを証明しています。日本語が通じない海外でも、彼が笑いを提供できるのはなぜでしょうか。その理由は“ネタのシンプルさ”にあります。一目見ただけで理解できるようなシンプルさ。その場に音が存在しなくても視覚の情報だけで面白く感じるように作られているところがすごいです。世界レベルで受けるネタって相当難しいカラクリのようなものがあって、誰もできないような技を出さないといけないのかな。と思うかもしれませんが、実は逆なんですね。小学校1年生でも分かるような、簡単なもの。それが誰かの真似ではなく、オリジナルというところが素晴らしいです。

関連記事

2017 copylight GH INC.