2017.11.29 , , ,

あなたは見抜けるか!?この魔法を。

google
はてなブログ
LINE

魔法が使えたらいいなあって思ったことはありませんか?何もかも自分の思い通りにできたら・・・と夢を見たことがある人は多いでしょう。人は想像することが大好きでこんな世界だったら、あんなことができたらと日常の中でよく考えます。それはフィクションというアニメ、小説などの作品として表現されることがあります。なぜ、こんな話をしているかというと、「これは魔法を使っているに違いないっ!」と思うほどの素晴らしいマジシャンをご紹介するからです。その人はベルギー人のローランピロン(Laurent Piron)です。

【開始】0:25~

【手からボールが湧いてる!?】4:45~

今回のパフォーマンスでは、日常生活の中でマジックをするようです。どうやら外は雨だったようで服に付いた水滴を払う動作をすると、なぜかそこからボールが湧いてきます。さらに傘からもボールが出てきます。一体どうなっているんでしょうか。不思議で仕方ありません。ボールがどこか他のところから瞬間移動してそこに出現しているかのようです。電話に呼ばれますが、すぐに切れてしまい飲み物を飲もうとしています。ここから彼のマジックが連続して行われ、ビックリの連続です。彼の手には赤いボールがあるのですが、それが瞬時にして消えたと思いきや、コップの中へと移動しました。次に缶よりもサイズが大きいスプーンを缶の中に入れ、消えたと思ったら缶の中から取り出しています。本当に目が乾燥してしまうくらい目を見開いてしまいます。

彼のマジックでは物が消えたり、現れたりすることが連続して起きます。このように消えているように見えたり、急にそこから現れたりするように見えるのは魔法です。と言いたいところですが、タネがあるのがマジックですよね。日本では手品と言ったり、奇術と言われることもあります。意味合いはどれもあまり変わりません。マジックとは人の習性を利用していることが多く、思い込みや錯覚をマジシャンは把握して魔法のように見せています。たとえ、マジックの特徴を理解しても、すぐにはタネが見抜けないのが面白さでもあります。そして、ローランピロンのすごいところはボールが手からどんどん湧いてくるところ。手のひらが四次元ポケットみたいになっているのでしょうか(笑)。最後には机や帽子、傘からもボールが出てきます。圧倒的なパフォーマンスに感動します。

【え、ハシゴそこからでる?】0:30~

【ディアボロもできます】2:10~

さすがはマジシャン。手先がとても器用です。ディアボロまでできるようです。彼のマジックショーは国内にとどまらず、海外でも多くのショーを行っています。彼がショーをするとなれば、ストリートでも多くの人が歩みを止めて、彼の魔法のようなマジックに釘付けになります。日本でもマジックは有名で海外のマジシャンがテレビに出ていたりするので、是非日本でもマジックショーを披露してほしいですね。ベルギーの魔術師が起こす魔法の数々に魅了されてしまうことでしょう。

関連記事

2017 copylight GH INC.