2018.02.26 , , , ,

突然現れる巨人?!スティルトパフォーマンス!

google
はてなブログ
LINE

スティルトという道具をご存知でしょうか?「西洋竹馬」と言われることもあります。日本の竹馬は両手両足で移動しますが、スティルトは足に延長棒を付けたようなスタイルです。一般的に足に装着した部分は見せずに足を長くしたようなズボンやスカートを衣装として身に着けています。

存在感がとにかくあるので、グリーティングで活躍される方が多いです。ただその長身をいかして縄跳びをしたり、ジャグリングやクラウンの動きをしたりするとその大きさで通常よりも見栄えのするパフォーマンスとなります。

【スティルト・パフォーマンス】

スティルトのパフォーマンス集団「SPEC」の映像です。パッと見た感じですが2.5~3mくらいはありそうですね。

なわとびや軽快なダンスを披露してくれています。映像で見るだけでのその大きさやインパクトの強さが伝わってきますよね!

【スティルトのデモ映像】

こちらでは踊ったりスタッフを振りましたり・・・。

何よりもすごいと思うのが、【0:51~】地面に座った状態から立ち上がるシーンです。当然普通には立てないわけですが、体の柔軟性がないとスティルトパフォーマンスは難しいということがよくわかりますよね。

【スティルトでダンス】

こちらはダンスです。よく足元を見ると今まで紹介したものよりも地面の設置面積が狭いように見えます。安定感は失われますが、こちらのほうが細かい動きに対応できているように見えますね。

【クラウンでスティルト】

クラウンの姿でスティルトを身に着けても、やはりクラウンらしさは失われませんね!スティルトの重さを感じさせない軽やかな動きでお客さんを楽しませています。

【パワライザー/ジャンピングスティルト】

ジャンピングスティルトは通常のスティルトが直線であるのに対し、曲線で作られています。これにより踏み込んだ際にスティルトが曲がり、その反動で高いジャンプをすることができるアイテムです。

関連記事

2017 copylight GH INC.