2017.11.13 , , ,

COOL!圧巻のバイクパフォーマンス!

google
はてなブログ
LINE

ひと昔前まではバイクに乗っていれば「暴走族」「迷惑もの」と様々に言われていましたが、今では高速道路にも乗れるようになり、きちんとした市民権を得られるようになりました。バイクのパフォーマンスは、最高にスリリングでありながらかっこいいものなのです!

(今回紹介する動画は、公道で行うと危険運転と判断されることがあります。絶対にマネしないでください)

ウィリーなんてできて当然?!

バイクは後輪が動力になっているので、ウィリーはバランスを取ってアクセルの調整でできるはずですが、バイクは100~300kg。そこまで軽々と操れるものでもありません。 よくみるとタンク(体の前にある部分)は足がかけやすいように改造されています。 バイクのことを「鉄馬」と言ったりしますが、まさしく人馬一体のパフォーマンスですよね。

球体の中を5台ものバイクが!?

サーカスの演目ですが、鉄でできた球体の中をバイクで駆け回ります。完全に真横になるのは朝飯前、天井すら悠々と走り回ります。遠心力のなせる業なのでしょうが、そこまで信用できるというのがすごいです。

見どころは【5:40~】の5台のバイクが一列になって走り続けるパフォーマンス!すごい速さで、実際の道路だったらお巡りさんのお世話になってしまうだろう前車両との距離で走り回っています。

あとどうでもいいのですが、ナンバープレートはついてないのにウィンカーはついてるのがちょっと面白かったです(レース車両ではウィンカーなどは重くなるので外しているため)。

自動車教習所の指導員 VS 白バイ警察官

白バイ隊員と自動車教習所の教員の鬼ごっこです。排気量では白バイに分がありますが、(教習所内とはいえ)道を熟知している指導員。車体が軽い分、条件は五分五分でしょうか。ちなみにタッチすると危ないので「追いつかれたら負け」というルールです。 さすがの白バイです。指導員は「公道を安全に走ること」を目標に教えていますが、白バイは「公道で危険な運転をする車両に安全に追いつく」ことを日常的に行っているのでさすがの技術です。

関連記事

2017 copylight GH INC.