2017.10.04 , ,

WELCOME!「歓迎」のパフォーマンス!

google
はてなブログ
LINE

 大道芸といえば場所を決めたら動かずパフォーマンスをする、というのが定番だと思います。

 しかし歩き回る「グリーティング」というパフォーマンスもあるのです。

〇グリーティングとは?

「meet&greet」とも呼ばれる「greeting(グリーティング)」。直訳すれば「挨拶」なのですが、大道芸フェスなどではどちらかといえば来場者を歓迎する、おもてなしをするといったパフォーマンスになります。これから見るパフォーマーが歓迎してくれたら否が応でも気分が高まってきますね!ちなみに歩き回ってパフォーマンスをすることを「ロービング」というのですが、同義に扱われることもあります。

 

〇どんなことするの?

パフォーマーによって得意なことはそれぞれですので、すごいパフォーマンスをしてもグリーティングは苦手なパフォーマーもいます。

ジャグラーは10秒程度のジャグリングをしてくれたり、マジシャンはその場でできるマジックを披露してくれたりします。

中でもバルーンパフォーマーやクラウンはグリーティングに強いと言えるでしょう。

バルーンパフォーマーは即席で作品を作ることを得意としてる人が多いですし、クラウンは見た目が派手なのとコミカルな動きで楽しませくれるプロフェッショナルなのでただ挨拶をするだけでも楽しめます。見つけたら是非近寄ってみてください。ただ小さいお子さんはクラウンやバルーンが怖いという子もいますので、そんなときには遠くから見守るか近寄ってきたらそれとなく伝えてあげてくださいね。

 

〇どこで見られるの?

一人で歩き回ってグリーティングをする大道芸人はほとんどいないと思います。しいて言えば居酒屋巡りをする「流し」がそれに当てはまるかもしれませんがあまり見かけません。

大きな大道芸フェスでは見かけます。自由に動き回れるパフォーマンスだからこそ、定点の隙間を縫って会場を盛り上げる役目を担うことができるのです。

またショッピングモールでも時折見かけます。

11月に行われる大道芸ワールドカップin静岡ではたくさんのクラウンがお出迎えしてくれます。

定点でのパフォーマンスと違い、身近でパフォーマンスをしてくれるグリーティング。

ぜひ見かけた際には一緒に楽しんでくださいね!

関連記事

2017 copylight GH INC.