2018.06.01 , ,

真のライバルは自分のみ!フリースタイルサッカー!

google
はてなブログ
LINE

サッカーというと団体戦というイメージがありますよね。しかしサッカーボールを使った競技はサッカーだけではないですし団体戦でもありません。

その競技の名前はフリースタイルサッカー。

フリースタイルサッカーとは?

フリースタイルフットボールともいわれます。道具はサッカーボール一個。

リフティングにダンスを混ぜたようなパフォーマンスとなっています。エアムーブ(立ったまま)、シッティングムーブ(座ったまま)、アッパームーブ(上半身主体で操る)、グランドムーブ(地面にボールがついたままで操る)を組み合わせて演技を作っていきます。

試合形式

ひとりで黙々と練習しても誰かとスキルを競い合ったりしたくなることもあります。現在ではダンスやラップも対戦することもあるくらいですから、フリースタイルサッカーでももちろんあります。主な対戦形式としては、

・バトル・・・3分間で30秒ずつ交互に技を披露

・ショーケース・・・一人が決められた時間内でパフォーマンス

・マックスワン・・・エアムーブのコンボ数(どれだけ技を続けられたか)

・シックスリー・・・3つの技だけで構成されたコンボの難易度を競う

・チャレンジ・・・お題をクリアして最後まで残った人が優勝

・ダブルルーティン・・・二人で技を披露する

実際に見てみましょう

どのプレーヤーもボールを自由自在に動かしています。またどんな状態でも的確に動かしています。

フリースタイルフットボールの日本の星!

日本で有名なフリースタイルフットボーラーといえば「徳田耕太郎」さんでしょう。世界大会での優勝もあるパフォーマーです。特に彼にしかできないと言われている「トクラクラッチ」。正式名称は「バックフリップクラッチ」。ボールを真上に蹴り上げてバク宙をしながらボールを膝でキャッチする大技です。

関連記事

2017 copylight GH INC.