2018.09.19 , ,

You Tuberの主な収益について。

google
はてなブログ
LINE

中学生がなりたい職業、第3位にも入るYou Tuber!!

便利な動画共有サービスYou Tubeの普及に伴い、You Tuberとして活躍する方も増えています。

誰でも自由に動画を視聴できる便利なサービスは、子供から親世代まで一度は見た事があるかと思います。

しかし、You Tuberの活動や収益の仕組みまでを理解している人はまだ少ない印象。

自分も動画を共有したい、動画配信をしているけど収益化について興味がある人もいると思います。
そこでYou Tuberの主な収益についてまとめました。

YouTubeとは?

はじめに、YouTube(ユーチューブ)を知らない人はいないと思いますが、もしわからない人のために簡単にですが、YouTubeというサービスについて説明します。

YouTubeとは、世界最大の動画共有サービスです。

You Tubeの始まりは、2005年にオンライン決済サービスPayPal社の元社員であった、チャド・ハーリー、スティーブ・チェン、ジョード・カリムの3人がカリフォルニア州で設立した会社です。

名称はYouは「あなた」、Tubeは「ブラウン管」という意味で構成されていて、これがYouTubeの由来となっています。

現在、10億もの動画がアップされており、若い世代を中心にテレビよりも視聴時間が長くなっているのが特徴的です。今までは動画配信のコンテンツといばテレビが主流でしたが、それに代わる新しい動画配信サービスとして注目を集めています。

YouTuberとは?

YouTuber(ユーチューバー)とは、YouTubeクリエイターとも呼ばれ、独自に制作した動画コンテンツをYouTubeに継続的に公開する人の事、または、YouTubeの動画再生によって得る広告収入を主な収入源として生活する人の事の事を指します。

YouTubeでは、2007年から閲覧者数の多い動画投稿者に対し、広告掲載を条件に、投稿者側に利益の得られるシステムの提供を開始しました。

現在では、YouTubeパートナープログラム(YPP)となり、クリエイターが動画を収益化できる資格条件のあるプログラムとなっています。

ちなみに、資格条件はチャンネル(自分のページ)の過去12ヶ月間の総再生時間が4000時間、登録者が1000人に到達するとこのプログラムに参加出来るかどうかが審査されます。

このシステムにより、動画再生回数に合せた広告収入を得て生計を立てる人が出現、YouTuberとよばれるようになりました。

日本のTopYouTuber

TopYouTuberとは、登録者数・動画再生回数、年収なども合せて人気のYouTuber事を指しています。

ここで分かりやすく、日本のTopYouTuberご紹介したいと思います。

ヒカキン チャンネル登録者数1296万人
・国内チャンネル総登録者数No.1
・スーパーマリオビートボックスの動画が世界中で話題

はじめしゃちょー チャンネル登録者数905万人
・自由をモットーに、やりたい事を動画にしている
・実験系の動画がメイン

(参考元サイト UUUM https://www.uuum.jpより)

有名すぎるほど有名ですね。今はテレビに出るタレントよりも人気があると言っても過言ではありません。一度動画が投稿されれば、すぐに数百万再生されますので、その人気のほどがわかります。

You Tuberの主な収益について

You Tuberの主な収益源、それは広告収入です。

簡単に説明すると企業などの広告を動画に乗せて視聴される、または設置した広告がクリックされる事で、収益が発生する仕組みになっています。

前述したように、現在You Tubeでは動画投稿者が動画を収益化するためのパートナープログラムを設けており、その条件を満たして更に審査に通る必要があります。

YouTubeで収入を得るまでの流れ

YouTubeで収入を得る手順は以下になります。
1.上記で説明したYouTubeのパートナープログラム(YPP)に登録。
2.YouTubeパートナープログラムをGoogleのアカウントでグーグルアドセンスを設定する。
3.YouTubeに動画を投稿。
4. 再生回数が1万回に達すると、申し込み審査となる。
(動画が規約に遵守されていれば、動画に広告の掲載が許可される。)
5.動画内での広告再生や、サイドバーにある広告がクリックされると収益が発生。
6.収益が8000円以上になると、翌月の25日前後に銀行口座へと収益が振り込まれる。

Top You Tuberの収益について

皆さんも、日本のTopYouTuberがどれ程稼いでいるのか気になりませんか?

夢のあるYouTuberの世界で日本のTopYouTuberと言えば、ヒカキンさんです。

彼の今年度の年収は推定11億円と言われていますが、その内訳を記してみます。

・企業とのタイアップ動画(1本1000万円、月5本〜、推定6億円)
・広告収入(少なくても1再生で単価0.3円、1年で約8億円程と推測)
・所属事務所の最高顧問としての役員報酬(1000万円程度か)
・本の出版(3冊、20万部売上と推測)
・テレビ・CM出演(約5000万円ほど)

ヒカキンさんレベルになると、単純な広告収益だけでも1年で8億円を稼ぎ出します。これは驚きですね。また、TopYouTuberになるとその影響力から企業とのタイアップ企画などもあり、その広告料としてお金が入ってきます。

企業の商品紹介をする企画動画やテレビ出演などもあり、かなりの報酬があるので、TopYouTuberになればYouTube以外の収益源も増えます。

You Tuberの事務所がある?

さて、日本のTopYouTuberであるヒカキンさんのお話をさせて頂きましたが、ヒカキンさんはYouTuberが所属する事務所を作った創設者の1人であり、最高顧問なのです。

UUUM(ウーム)という株式会社で、主にYouTubeで活動するYouTuberへ技術提供やマネジメント、ショッピングサイトなどの運営を行っており、収益源は主に企業から受注した案件と、所属するYouTuberによる動画広告収益の一部である。

TopYouTuberである、ヒカキンやはじめしゃちょー、SEIKIN、木下ゆうかさんなども所属している業界最大手のYouTuber事務所です。
他にも、GENESIS ONE、VAZ、Next Stage、BREAKERなどの事務所もあります。

YouTubeが情報発信の場にもなっている。

動画には様々な種類の動画がありますが、今では有益な情報を動画で配信する事によって視聴者は質の高い情報を得る事ができます。

動画のジャンルは、面白い動画から商品レビュー動画、配信者が得意とする分野の情報を載せている動画、体験動画、風景や町の映像など幅広いです。

現在、再生ランキングで上位のキッズ動画は知育おもちゃの使い方やお出掛け情報が人気でもあり、子育て世代の視聴者が求める情報を発信・収集出来る場にもなっています。

勉強で分からない所がある、調べ物がある時にもYouTubeに動画が載っている事で、自分で調べるよりも楽しく・分かりやすく・効率的に知識を身に付ける事が出来ます。

使い方次第で、誰でも無料で有益な情報を得られるサービスは他にはないでしょう。

YouTubeの便利なサービスは市場拡大し、更なる発展を遂げる事が期待されます。

現代においては、個人の情報発信能力がマネタイズしやすい時代になっていますので、これから情報発信をしたいという方は今からでも情報を身につけて行く事をお勧めします。

関連記事

    関連する記事はありません

2017 copylight GH INC.