2018.01.01

ガチアスリート同士が鬼ごっこ!?

google
はてなブログ
LINE

「タッチ!」「あーつかまっちゃった」このセリフを一度は言ったことがあるでしょう。日本で昔から親しまれている遊びである鬼ごっこ。鬼を1人決めて、その他のメンバーは子となり鬼から逃げ、鬼は子を追いかけてタッチするというシンプルなゲームですよね。似たような遊びは外国にもあります。例えばヨーロッパでは「狐とがちょう」、イランでは「狼と子羊」、中国では「鷹と鶏」というふうに呼ばれています。

 

世界中でおなじみで子供が遊ぶというイメージがある鬼ごっこですが、近年では日本のテレビ番組でもこのルールを応用した番組が放映されるなど、子供だけではなく大人も楽しめるような競技が生まれています。そして今注目を集めている新感覚の鬼ごっこ。それが“チェイスタグ”です。

 

チェイスタグはイギリスで生まれた公式のスポーツ競技です。ルールはとてもシンプルで鬼1人が子1人を追いかけてタッチするというものです。しかし通常の鬼ごっこと違うのは障害物があり、限られたスペースで20秒間逃げ切れば子の勝ちになることです。この競技のプレイヤーの多くを占めているのはパルクールをやっているトレイサーです。パルクールは自由に街を駆け巡るスポーツです。高い場所からジャンプしたり、高い身体能力で地形を利用して進んでいきます。この地形を利用する技術と高い身体能力を駆使して行うのがチェイスタグなのです。

チェイスタグが注目を集めている理由は面白さにあります。ただ追いかける、逃げると言っても障害物があるのでそれをどう利用するのか予測しながら動かなければいけないのです。しかも競技者は地形を利用することが得意なトレイサーなので通常ではあり得ないような動きをし、ときにはフェイントを仕掛けることもできます。そして、このチェイスタグで今日本でトップと言われている集団がいます。それがmonsterpk(モンスターピーケー)です。

彼らはパルクールでも日本でトップのチームです。その身体能力の高さから様々なイベントでパフォーマンスを依頼されたり、世界各地でパフォーマンス、ワークショップを開催しています。それではさっそく見てみましょう。

【観客の上を飛び越える超人技】4:50~

 

道具などを使わずに自分の体1つを使って行うのがパルクールの特徴です。彼らは鉄棒のようなものを利用してアクロバティックな技を連続して繰り出し、観客からは大歓声が上がっています。中でも観客の上を飛び越える技は圧巻です。

大人(アスリート)の鬼ごっこ・チェイスタグ(Chase Tag)

パルクールの映像はいかがでしたか?

軽やかそして鮮やかに自分の体を自由自在に操って動き回っている姿は見ていて爽快感がありますね!

 

お次は冒頭で紹介しました、トレイサーによるチェイスタグを見てみたくありませんか??気になりますよね!?

チェイスタグとは簡単に言ってしまえば、アスリートが本気で鬼ごっこをします!(笑)

あくまで簡単な表現してしまいましたがこれはもちろん遊びじゃなく、れっきとしたスポーツです!!

 

2017年にロンドンで行われたチェイスタグ(Chase Tag)について紹介します。

最初の方でも軽く触れた通り、制限時間20秒間での1対1の鬼ごっことなります。

鬼となる人はもちろん逃げる人をタッチすれば勝ち、(必ず手でタッチ。それ以外は無効)

逃げる方は20秒間逃げ切ったら勝ちというシンプルなルールとなっております。

ちなみに、鬼である追いかける側のことをチェイサー(Chaser)、逃げる側のことをイヴェイダー(Evader)と呼びます。

このチェイスタグのルールの中での一番のポイントが、チェイスタグを行うフィールドにあります。

縦横の長さ12m×12mの正方形のフィールドとなっており、そのフィールド内には工事現場で建物の周りに組むような足場みたいなものや、ありとあらゆるところに障害となる物が設置されています。フィールドのぱっと見は小さな工事現場みたいですね。(笑)

この限定されたフィールドの中で、アスリート同士が逃げて&追いかけての真剣勝負の戦い(鬼ごっこ)を全力で繰り広げていきます。

それではチェイスタグの映像をぜひご覧ください。

 

 

これがアスリートによる鬼ごっこ“チェイスタグ”です!

逃げる方も何とか逃げ切ってほしいですが、捕まえる方も逃げる人に翻弄されず捕まえてくれー!と見ているだけでも手に汗握るハラハラ感がたまらないです。

もし素人同士がチェイスタグを行ったら、すぐ鬼に捕まってしまうか間違いなく事故や怪我が起きてしまうでしょう・・・。

ちなみにチェイスタグは先ほど説明したように必ず手で相手をタッチしないといけないので、足を伸ばして相手をタッチするなどの行為は無効となります。

まぁ鬼ごっこも基本手でタッチですからね!

 

チェイスタグを見てみていかがでしたでしょうか?

日本でも鬼ごっこをベースとした番組なんかもありますように、実は皆さん鬼ごっこというものが好きなのかもしれないですね!

こちらのチェイスタグもルールが鬼ごっこという単純なものだからこそ、アスリートたち同士の本気の戦いは面白く、そして見ているこちら側も熱くさせてくれるのでしょう!

ジェイソン・ポール(Jason Paul)

パルクールと言えば発祥はフランスで別名フリーランニングと言ったりしますが、

概念は違うものとされています。

→パルクールは身体一つで壁や障害物などあっても効率よく目的地まで進む為の移動手段とされており、

 そこにパフォーマンスなどの自由な動きを取り入れたものをフリーランニングと認識されています。

それでは海外のパルクールで有名な人の紹介です!
パルクールの大会で数々の表彰台に上がっているその名もジェイソン・ポール(Jason Paul)です。彼の爽快な走りを見ていきましょう!

 

 

こちらの映像は中国のハルビン市、ハルビン氷祭りでのジェイソン・ポールの走りです。

場所も綺麗で美しい風景ですが、そんな風景にも劣らないジェイソン・ポールの鮮やかな走りはさすがと言えるでしょう。

実は、ジェイソン・ポールは来日もしており、なんと国内でも走り回っていました!
場所は東京のいたるところで、日本でも彼の自由で軽やかな走りを披露。

彼が東京のどこを走っているのかを観察しながら見てみると、「あ~こんなところを走っていたのかー」とより楽しく見られますので、場所と彼の走りの両方を是非ご覧ください!

 

 

コメディな感じもありつつ、走りのカッコよさ、そして東京とのコラボは見ていて面白いですね!

ぜひ日本各地の名所などもジェイソン・ポールに走ってもらいたいですね~。

 

それからもう一つジェイソン・ポールの日本国内を走り回っている作品があるのですが、その場所はなんと・・・『日本の江戸時代』!!

ん?・・・え?どういうこと??そんな昔にパルクールってあったの? 

いろいろな疑問がわいてきますよね~(笑)

簡単な説明をすると、映像の始まりはジェイソン・ポールが先ほど紹介した日本のパルクールチーム(monsterpk)ととある高層建築物の屋上で走りを楽しんでいるシーンから始まります。

その最中にまさかのジェイソン・ポールが落下・・・!?

とりあえず映像を早く!!と皆さん思っているでしょうからどうぞこちらをご覧ください!

 

 

面白い作品ですよね!

海外ではジェイソン・ポールが忍者たちに追われて颯爽と走っていく姿が好評を受けているそうです!外国では日本の忍者(NINJA)にも人気がありますもんね!

今後彼はどういった場所で、どういった走りを見せてくれるのかと思うと次の映像が待ち遠しいですね~。

だからといって居ても立っても居られないといって、近所を走り回って勝手に人の家の敷地などに入ったりしたらダメですよー!そんなことはないと思いますが(笑)

世界のパルクール技

世界中でパルクールの人口が増えてきている中で、世界中のパルクールのスゴ技を見ていきましょう!

 

 

自分の身長より遥かに高い壁を簡単そうに上ってしまったり、逆に一気に降りられないような高いところから猫のような軽やかな動きで降りてしまったりと、普通の人が出来ないような動きばかりで驚きを隠せないですね~。

本当にこれは練習したからと言って何とかなるものなのだろうか・・・と疑問もありますが、練習なくしてこれはできないわけですから、すごい技術なのがわかります。

パルクールの映像を見てチャレンジしたくなる気持ちもあると思いますが、もし実際にパルクールを行うのであれば十分に気を付けた上で他の人の迷惑行為にならないようにしましょう!

簡単!その場でパルクールに挑戦!?

今までのパルクール/フリーランニングの映像を見ていかがでしたか??

「やってみたい!」「自分もあんな風に走り回ってみたい!」など思った方もいるのではないでしょうか?

でも実際にやるとなると、どんな風にやってみればいいかわからないし、それに運動神経もいい方ではないからもしかしたら怪我もしそうだし・・・。といった思いもありますよね。

大丈夫です!簡単にパルクールを経験してみましょう!!

といっても自分自身が実際にやるのではなく、パルクールをやっている人たち視点での映像がたくさんありまして、それを見るだけで充分にパルクール気分を味わえます!臨場感も半端ないです!

高所恐怖症の方にはもしかしたらちょっときついかもしれませんが、こちらのパルクール映像で皆さんも一緒にパルクールの気分を味わってみましょう!

 

 

皆さん、疑似体験のパルクールでしたがどうでしたか??

私は高いところが苦手なので、最初の部分でもうひやひやして思わず声が出そうなくらいでした・・・。(泣)

 

もっと他のパルクールを見てみたいと思った方!

他にもいろんなシチュエーションでのパルクール本人視点の映像を紹介しているページがございますので、こちらもぜひご覧ください! ≫≫ エクストリームスポーツ パルクール

(ゾンビからの逃走、警察官VSパルクールなど)

今は映像を見るための技術も進化していますので、先ほどの映像をVRのようなゴーグルで見つつ動く椅子や風を感じられたら、それはもう誰でもパルクール体験が出来ますね!私は遠慮しておきますが…。(笑)

日本の東京でパルクールを行っている人からの視点動画です。2020年にオリンピックが控えている日本では海外からの注目を集めており、海外の方が東京に旅行に来た際にトレイサーの方はパルクールを行っていることもあるようです。これからどんな盛り上がりを見せていくのか楽しみですね。

関連記事

    関連する記事はありません

2017 copylight GH INC.