2018.04.01 , ,

真夏の孤独なレース!八耐とは?!

google
はてなブログ
LINE

モータースポーツが好きな人であれば、東の茂木、西の鈴鹿でサーキット場の名前はご存知でしょう。

夏に行われる一大モーターサイクルのイベントといえば「八耐」です!

八耐とは?

正式名称は「鈴鹿8時間耐久ロードレース」。競技の内容は「8時間走り続けてたくさん回った人が勝ち」というシンプルなもの。8時間もバイクの上で走っていたらいくら風が当たるとはいっても熱中症になってしまいます(そして足の間にエンジンがあるので、とにかく熱い)。

ライダーは数人で交代しながらとなりますが、周回数をとにかく稼ぐため、ほかのチームとの戦いというよりもストイックに自分の限界と安全運転で走り続けるという自分との戦いになります。

 

参加チームは?

2017年だと「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」「YOSHIMURA SUZUKI MOTUL RACING」「Kawasaki Team GREEN」「Honda Suzuka Racing Team」「MORIWAKI MOTUL RACING」などなど・・・ヤマハ、スズキ、カワサキ、ホンダの国内4大バイクメーカーそろい踏みです。ほかにもバイク用品のメーカーも出場しているあたり日本のバイク関連の会社にとって威信をかけたイベントであることは間違いないですよね。もちろんそんな大きなイベントならバイク好きな人がこぞって見に来るのも頷けますよね!

ライダーも精鋭ならば、ピット作業員も精鋭です。

タイヤ交換も適宜行われるのですが(摩耗が激しいので)、ライダーが降りてから次にまたがるまで20秒。その間に給油もしているようですね。もちろん摩耗しにくいタイヤを使うことはもちろん、給油回数が少ないほうがピットに戻る時間も減ってよいということもあり、市販車にはとても流用できない技術の塊となっています。ちなみにレーシングバイクはウィンカーやミラー、ライトなどがついていませんので一般道は走れません。八耐は夜間も走るのでライトはついてますね。もっとも一般道を走るようにはもったいないタイヤ使っているようですが・・・。

2018年は

2018年はカワサキがいち早くメンバーを発表しました。スーパーバイク世界選手権で3連覇を果たしているジョナサン・レイ、昨年の8耐で活躍を見せたレオン・ハスラム、カワサキ・チームグリーン(街中で見かける黄緑色のバイクは大体カワサキです)のエース・渡辺一馬というメンバーで挑むと発表されました。今後、ほかのチームのメンバーも順次発表されていくことでしょう。バイクファンとしては期待に胸高鳴りますよね!

関連記事

2017 copylight GH INC.